<< Pasrah 運を天に任せる Patchwork Pouch >>

Perbedaan itu indah.

「色の黒い ティモールの人を みんな馬鹿にするんだよね。」

って夕食のとき娘が話す。現地校の同級生の話です。

「何それ、ママそういうの大っきらい。
肌の色、宗教、国籍、人種などで 人を差別したり、区別するのって よくないよね。」
と かなり本気で娘と話した。

「白人だろうが、黒人だろうが、黄色人種だろうが 
いい人もいるし、悪い人もいる。
美しい人もいるし、醜い人もいる。
でも それは肌の色や 国の違いじゃないよね。」
とあつく語る私に 娘一言。

Perbedaan itu indah.
「違いは 美しい。」
こういう言葉をもつインドネシア 深いなあ。

娘は幼稚園のときから バリ人のアラちゃんと今でも親友。
アラはヒンズーだけど、一番娘のことを理解してくれるんだって。
お互いに違うバックグランドを持つからこそ 理解し、
尊重し合えるんだという 娘を羨ましく ちょっと誇らしく思ったのでした。

f0058036_0392293.jpg

小さい時の 娘とダユ・アラ。



バリ・ウブド Pilih-Pilih のブログです。
にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pilihpilih | 2015-05-13 00:33 | インドネシア
<< Pasrah 運を天に任せる Patchwork Pouch >>