カテゴリ:バリ( 95 )

バリ・昔ばなし ①サヌール レストラン編

f0058036_15563980.jpg
唐突ですが 記録を兼ねて、昔ばなしのはじまり。

1990年代前半
接待で利用したレストラン

サヌール
「ダマルコ」イタリアンレストラン
オーナーがイタリア人で 奥様はインドネシア人 いつもアップにした髪に真っ赤なハイビスカスを🌺挿してました。なんだか今もあるみたいでgooglemapに出て来て 逆にびっくり。代変わりしたのかも。

「しま」日本料理
なかなか高級感あるレストランだった。
91年にオープンしたJTBのオフィスもグランドバリビーチ内にあったので
初代S所長に連れて行っていただき 色々はっぱをかけられた思い出あります。
上司 同僚 スタッフとの 付き合い方 海外で働くということ
色々教わりました。
インドネシア人顔負けのちょび髭の支配人さんの名前が 思い出せない。

「喜多」
バリのお父さん 梅津さんの日本料理レストラン。
梅津さんは バリで一番最初の日本人。
先輩方も 仕事の合間にここで集まっていたと聞いてます。
日本の食堂で食べるような気取らなさも良かったなあ。

お父さんには とてもかわいがっていただきました。
お父さんの戦後の進駐軍の話 横須賀の将校クラブの話 面白かったなあ。
確かお父さんは昭和元年の生まれ。
出征の直前に 終戦となったって聞きました。

私が結婚する時、披露宴の招待状持って主人と挨拶に伺ったら
「おう、いい男じゃないか。これでお前も幸せだな」
って 目を細めて 言ってくれたのが 嬉しかった。
披露宴にも来てくださった。

7年前お父さんは 亡くなりましたが その前に「喜多」はクローズしていました。





[PR]
by pilihpilih | 2017-08-14 17:13 | バリ

バリ日本人会25周年に寄せて。

私がバリに住みはじめて今年で25年目になります。
偶然にも バリ日本人会も今年で25周年ということで [楽園通信という会員誌のリレートーク
25周年特集に 何か書いてと 依頼され、寄稿したもの です。↓↓↓


日本人会25周年おめでとうございます。
バリに住んで25年目の○田◎子です。

バリに長期滞在中、ひょんなことからプラザバリのオープニングスタッフとして就職することになり、日本にとんぼ帰りして ふたたび クタに戻ってきたのが1991年2月湾岸戦争の時です。
当時 バリで働く日本人独身女性は10人足らず。
その頃から今もバリに居るのは 私とS女史です。




バリにはじめてきたのは、1987年。
しかもはじめての海外旅行先がバリ。ハワイとか ニューカレドニアに憧れていた私は
強くバリをリコメンする友達に押されて じゃあ、いってみるかと パッケージ旅行
5泊6日で来バリ。
中盤でウブドへ行って ティルタサリ歌舞団を観賞。
キンキラキンのガムランを聞いて私クラクラと 一瞬立ちくらみ&失神したんです。
丈夫が自慢で朝礼で失神する女の子に憧れていたくらいの 私が 失神したんで
連れの里英(細身!)はとてもびっくりして心配してたけど、後日談として

「やっぱり あの時に ◎子は バリに 魂を取られてしまったんじゃない。笑」なんて言われてました。

その後数回バリを訪れ クタや ウブド両方に滞在してましたが、就職のきっかけとなった人との出会いも やはりウブドでレゴンダンスのレッスン中でしたから
やはり御縁ですね。

自由な旅びとの 時は パラダイスだった バリも
勤め人となると、一気に現実的に。
カルチャーショックも 多々ありましたが、でも私は バリ&インドネシアが大好きでした。(もちろん今も好きですよ。)若かったからかも知れませんが、一筋縄でいかないところ、日本に居た時みたいに のほほんとしてられないところに 面白味さえ感じました。

「ここだったら、自分らしく 生きられる。」
「働きながら バリに住めるなんて 最高だ。」
毎日幸せに 働いていました。

プラザバリでは、ちょうど7年仕事しました。
仕事を通して、インドネシア内外の色々な方と出会い ゲストリレーションから マーチャンダイズまで色々な経験をさせてもらえたことは
本当にためになりました。本社ジャカルタからのマネージャーが多かったし、
香港の中華系マネージャー イギリス人のGM 個性的な人ばかりでした。

f0058036_21531850.jpg

1991年働き始めたころの写真です。若っ。

インドネシアには、お誕生日の本人が みんなに 食べ物やケーキをふるまう習慣が
あります。無事誕生日を迎えられたことを感謝して 本人が自発的に用意するのです。
当時の私は 
「なに、それ変なの。普通周りの人が 買ってくれるでしょう。」って反論してました。
オフィスのみんなは笑って 私の話を聞いてました。

そしたら、数か月後の私の誕生日 みんなから ケーキと花のプレゼント。 驚かせてくれました。私は 嬉しいやら、子どもっぽい事を言った自分が 恥ずかしいやら。実はとてもウルウルしてました。

みんな優しいなあ。
ひとり バリに住んでいても さみしいと思ったことがなかったです。

最初は カルチャーショックだった
時間にのんびりしてる。
雨が降ったくらいで遅刻する。
大の大人が 家族が具合悪いくらいの理由で 仕事休んだり 早退したりする。

と いらいらしていた私でしたが、
いつからか インドネシアの人は幸せそうだな。
心豊かだなと 思うようになりました。

受付担当だった時のエピソードですが、
VIPゲストのお食事のアテンドをする私は、スタッフに 「これからレストランで
食事するから 終わるころに 私にゲストのショッピングカードを持ってきてね。」と
頼んで 店内にある中華レストランへ。
前菜もまだ出てこないころに さっきのスタッフが 「ともこさん、ショッピングカードです。」って 持ってくるのです。まあ、遅れるよりいいかと受け取りました。
ゲストを見送ってから スタッフに 「どうしてあんなに早く持ってきたの?まだ五分くらいしか経ってなかったよ。今度から45分後くらいでいいからね。」
そしたら、スタッフが言うんです。
「そんな長い時間食べ続けるんですか?私たちは ご飯って5-10分で食べちゃうから
わかりませんでした。」ってニコニコしてる。

私、はっとしました。
スタッフは 中華のフルコースなんて 食べたことないんだよな。
そりゃあ、わからないよな。
私の方が、彼らの知ってること知らないこと を理解して 教えていかなきゃいかないだなと 当たり前のことですが きづいたのです。

当時のスタッフは本当に素朴でいい子たちばかりでした。
今でもどこかでばったり会うと「ともこさーん」って声かけてくれます。
20年ぶりくらい経っているので 時々「この人誰?」ってくらい
激変している場合も 多々あります。笑。
それにひきかえ、私は当時のまま あまり変わらないのかしらと
ひとり自惚れてます。

十年近く住んだレギャンから2000年に BatuBulanのBTNに
住まいを移しました。
スマトラ・ランプン出身の夫、一人娘と住んでいます。
長いおつきあいのインドネシアの知人や マスジッドつながりの友人も 多く
すっかりこちらに馴染んでおりますが、日本人会にもお世話になっております。


最後になりますが、
バリで生まれた子どもたちが補習校に通えること ほんとうにありがたいです。
補習校の歴史をふりかえると、たくさんの方々の思い、お力、サポートのおかげで
今の素晴らしい補習校があることを 誇りに思います。
子どもたち、大きくはばたけ。




バリ・ウブド Pilih-Pilih のブログです。
にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pilihpilih | 2015-10-18 21:54 | バリ

割り込みは 許さない!

f0058036_0343257.jpg


断食29日目今日は一人でデンパサールのマタハリへ。
レバランセールを見に行きました。
試着室が5室とも一杯で 入口で並んで待っておりました。

インドネシアって トイレでも 今だに各トイレに並ぶ人が多くて
嫌なんですけど、この頃場所によっては 入口でまとめて並ぶようになってきたかなって感じなのですが、、、。

案の定、突然私の後の人たち4-5組が私を追い越して奥へ奥へと。
「kok gitu何、これ?」と私。
私を追い越した一番近くのおばさんは 私が怖いのか(笑)
「イブ(私のこと)が先だから 空いたらお先にどうぞ。」って言ってくれたんだけど、、、。
そのうち一番奥の試着室が空いて 割り込み女の子が二人入ろうとしてる。
私は 直進してって ドアを開けて 入らせていただきました。
「私が先だから!」
追い出されたお二人は「Galak sekali, こわい。」って言ってました。笑。
もう一度ドアを 開けて
「何か?そちらが 割り込みしといて 、、、。」と 言いました。
ああ、すっきり。
こういう風に言えるまでに 在バリ25年を要しましたよ。ハハハ。
断食中は 怒っちゃいけないんですよね。
だから こうして 対処できたってちょっと成長かな。


家に帰って ブカプアサしてから
家族にこの話を 再現アクション入りで話したら
「ああ、私一緒に居なくてよかった。恥ずかしい。」と娘。
旦那はにやにやしてたけど、きっと娘と同意見でしょう。

バリ・ウブド Pilih-Pilih のブログです。
にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pilihpilih | 2015-07-16 00:25 | バリ

Pasrah 運を天に任せる

今日のスピリチュアル問答
いつもは自分の専用ノートに日記がわりに書いているのですが、、、。

一生懸命努力して精一杯やったら あとはPasrah
(運を天に任せる、神様に委ねる)。

こう考えられるのは 宗教を持つ人の強さだな。
いつも絶好調ではありませんが、ベストを尽くして あとは 委ねよう。
心がふっと 楽になる。

反対に うまく行った時も 全部自分の成果と傲慢にならず、
感謝の気持ちを忘れない。

南国の楽園に住んでいても やはり悩みはありまして、、、。
こういう話を お互いの宗教や立場の違いを乗り越えて
お話ができる人がいるという事は 本当にありがたいです。

f0058036_22522653.jpg


バリ・ウブド Pilih-Pilih のブログです。
にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by pilihpilih | 2015-05-19 22:52 | バリ

バイクに使われるな。

うちの通いのお手伝いketut
おととい水曜日は、田舎のこどもがバイク事故で怪我をしたのでお休みでした。
今日は仕事に来て話を聞いた。

息子は11歳。小4からバイクで通学している。(?!!)
事故の時は下校時に友達とラリーっぽく飛ばしていて石につまづいて大きく飛ばされ、
その場で気絶。顔を縫ったし、目元、側頭部は腫れているそうです。

私「ええ、小4から バイク使わせてるの?」
ketut「他の子もみんな乗せてるから。」
私「気をつけるように言わなきゃ」
ketut「言ってます。後の二人が無事でよかった。」 (あれま三人乗り!なのね。)

両親ともにデンパサールに働きに出て、子どもは田舎(カランガッサム)の実家に預け、
通学用にバイクを買い与えるって 間違っていると私は思う。

もう無理かもしれないけど、、、何キロも歩いて登校していた頃を思い出そうよ。
よっぽど健康的だよ。事故の心配もない。
バイクを与えて、子どもに気をつけろって 言っても
無茶するにきまってる年頃なんだから、、、。親が考えてあげなくてどうすんの。


親子ともども バイクを乗り回し、(免許更新のお金にも困ってるのに)
そのローンを払うために また働いているようにみえる。
バイクのにこき使われてるみたい。

ほんとうに 100メートル先に行くのにもバイクですから。

「事故の場所が大通りでなかったから、助けてくれる人が居て良かった。」
って言うから それどういう事?
って聞いたら
「大通りだと 事故の人に関わると証人にさせられ大変だから 誰も助けてくれない。」
んだって。

理由は 色々。
①警察と関わると面倒ということ。
②お清めをしなくてはならない。(車に血がついた場合など)
③病院に連れていった場合、助けた人が保証金を払わないと 病院は何もしてくれない。


バリ・ウブド Pilih-Pilih のブログです。
にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pilihpilih | 2015-03-06 18:25 | バリ

新番組 なーんでバリに住んじゃったんだろう。 出演。

記念すべき第一回に 呼んでいただきました。
87年にはじめて来たバリについて語ります。
聞いてくださいね。

http://yukan-ubud.com/
https://www.youtube.com/watch?v=RVsV_jYheq4#t=16

夕刊ウブド ウブドを忘れたくないあなたへ。
タケさんがパーソナリティをされているトーク番組。

バリ・ウブド Pilih-Pilih のブログです。
にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pilihpilih | 2014-12-31 10:50 | バリ

イブ・ダユ

f0058036_2339347.jpg


今日はウブドへ行って、アピマガジンさんの取材立ち会い。
新作の「Tuhfah」フレームや
和トートを撮影していただきました。1月15日発行です。楽しみ!


帰りに グヌンムルタの イブ・ダユを訪ねました。
私がガルンガンにSMSでガルンガンのご挨拶をしたのですが、
イブ・ダユは携帯メッセージが苦手らしく 電話をくれたのが、今日のウブドへの道。

「私、今ウブドに向かってるの。」
「あら、だったら たまには 寄りなさい。」
グッドタイミングが嬉しくてお邪魔しました。

イブ・ダユもイダ氏も二人で仲良く店番しながら、
孫のお世話したり、バンガローのスタッフに指示だしたり。

「お母さん、元気?」と日本の母の事を毎回聞いてくれる。
母は10年くらい前までは 年に一回くらいのペースでバリに来てましたから、、、。
その度に イダさんご夫妻は 母を迎えに来てくれて 親戚のように
いろんなところへ連れて行ってくれました。

「うん、元気だけど、この頃ちょっと ボケ気味。同じこと何回も話すの。」
と私が言うと、イダさんは
「年寄りはみんなそうだよ。僕たちだって もうじきそうなるよ。」
と穏やかな表情で話す。

そのあと、スタッフについての愚痴やら聞いてもらって おいとま。
バリに住みはじめた当初から イブ・ダユにはお世話になりっぱなしです。
長い事顔を出さないと 電話をくれる 私のほっとできる 場所。




バリ・ウブド Pilih-Pilih のブログです。
にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pilihpilih | 2014-12-19 21:36 | バリ

バリで買えるおせんべい

f0058036_045186.jpg


バリで買うおせんべい。
ゲリー。サラダ味で個別包装されてます。
これはお徳用で ロッテマートやカルフールで買います。

f0058036_0465097.jpg


これはカラメル味で さくっと美味しい。
Tango社は ウェハース類も美味しいので 子供も好き。

f0058036_0493641.jpg

巾着 底が四角形。

f0058036_0502492.jpg

ミニバッグ ロンボクイカット・モチーフ
[PR]
by pilihpilih | 2014-12-17 00:50 | バリ

友 来る dari Lampung

金曜日からランプンの友人が バリに来ていました。

彼女ドクターで今回はバリで糖尿病学会があってランプン代表として出席。
旦那のランプンの実家が彼女には とてもお世話になってて
私と彼女、お互いのひとり娘が同い年で とても仲良し。

土曜日は夕方ホテル(Aston Ungasan)へ迎えに行き、クタのJOGERへ。
Jogerはローカルツーリストのマストなお土産屋さん。
カタカタ(文章)が面白いTシャツや小物が大人気。
私も雰囲気につられて、自分のボレロ、娘の帽子、服購入!

そのあとは 空港近くのTUBANのKrisnaへ。
ここも賑わってますよ。
彼女も衣類、アクセサリー、アロマ、お菓子 など大人買い。

道路を挟んでレストランがあるので
Bebek Tepi Sawahでディナー。
クリスピーダックとアヤムBETUTUをオーダー。
4種類も出てくるサンバルに感激。

日曜日は セミナーも急に早めに終わった(インドネシアらしい)ので
日本語能力テスト終わった娘をピックアップし、彼女と合流。
MBG(Mall Bali Galleria)へ。

私も前から試したかった「丸亀製麺」へ。
彼女もすごく喜んでくれたので よかった。

うどんでお腹いっぱいになった私たち、モールの中でいろいろ買いまくり。
旦那は私たちだけだったら絶対「疲れた」っていうのに
大人しく女のショッピングに付き合ってた。外面いいわ。

この次どこ行く?遠慮しないでね。とことん付き合うよ。
「お土産買いすぎたから、機内持ち込み用の安いバッグ欲しいなあ。」
行きましたよ。JOGER前のお土産屋。
いいのが 見つかった。

ホテルに送る途中ジェンガラを通り過ぎて ROTI CANAIの支店を見つけて
チキンカレーとマトンカレーでロティチャナイ&Teh Tarik。五時頃うどんだったから
ちょうど良かったな。

f0058036_23412792.jpg

今日2時過ぎのフライトでバリ出発なので、バリ名物「Ayam betutu」を調達して
空港へ。フライトまであと一時間足らずまで今度はBAKSO食べてました。彼女!

彼女は、どこに連れてっても すごく喜んでくれるし、愉しい人。
私たちも 観光気分を味あわせてもらった週末だった。
また来てね。

f0058036_21285973.jpg


うちがあげたバリ名産物。
左がMatahari のピーナッツ。
右がPura Agungの カチャン・コロ 
このメーカーが美味しいです。イデュルフィトリなどの帰省の時も これをばらまきます。




バリ・ウブド Pilih-Pilih のブログです。
にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

[PR]
by pilihpilih | 2014-12-08 23:35 | バリ

バリ島昔ばなし 1992年

バリに住みはじめて2年目 すっかりバリの暮らしにも馴れ、
仕事の後は日本人のお友達としょっちゅう集っていました。

住まいも Poppies Laneのバンガロー住まいから
JL.Tunjung Mekarのパダン屋の2階こぎれいコスに移ってました。
お部屋は大きなワンルームと通りに面したベランダ+シャワールーム・トイレ付 
内側の廊下も広くて 家具つき。当時ひと月25万ルピア(1万円ちょっと。)
新しくてきれいだったし、階下がパダン料理屋で24時間営業なので安心でした。
パダン屋のスタッフみんないい人ばっかりだったな。

先輩のE子さんはお給料の半分くらいもする素敵なビラを借りてましたが、そこは質実な私。お給料はほとんど貯金してました。たまったたまった。ルピア成金!

当時バリで働く日本人は インドネシアン度高い人が多かった。
男ならインドネシア風に鼻の下ちょびヒゲとかね。
エージェントに働く彼らの多くは ちょびヒゲはやして 大声でインドネシア語はなしてたなあ。


「Hallo, my name is Hirata from dokodoko,
My name is hotel, india,romeo,alfa,tango,arfa,,,,(ひらたでは ありません。本当は○○。)
って5回くらい繰り返していた ○○さん。見ている私の方が恥ずかしかったわ。

仕事上ではN氏から 「士農工商 下の下の下」と叩き込まれてましたっけ。
旅行業界のヒエラルキー。
1.旅行会社
2.ホテル
3.レストラン
4.土産物屋
なんだって。土産物屋のプラザバリは
身分的に一番最下層だからソンボンにならず腰低くと。

某ランドオペレーターの××氏のお怒りをかい、謝りに行かせられたこともありましたわ。日本からの団体さんがバス連ねて バリ島を観光していた時代です。






バリ・ウブド Pilih-Pilih のブログです。
にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pilihpilih | 2014-12-03 08:35 | バリ