<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

独立記念日

f0058036_036043.jpg

昨日はインドネシアの62回目の独立記念日。
コンプレックス(住宅街)内のバンジャールでイベントがあったので行ってみました。
朝9時に行ってみると食品バザー。町内の奥さんたちがインドネシア料理や手作り
お菓子、パンなど売っていました。子供のぬりえ・コンテストもあったので娘は飛び入り。

3時からは「Manjat Pinang(ピナンの木登り)」と言うゲームがあるというので見物に
行きました。Pinang(びんろうじゅ?と思う。)の木にべたべたとオイルが塗りつけられ、
7メートルくらいの木のてっぺんに賞品が架かってます。Tシャツとバスタオル、インスタントヌードル、炊飯ジャーと地味な賞品が風になびいていて、手作り感たっぷり。

ちなみに前夜準備手伝いに行ったウチのダンナが賞品がしょぼいのを見て
インスタントラーメン1箱(40個入り)を寄付したのだそうです。あんまり変わらないかあ。
まあまあ、お付き合いお付き合い。

子供たちからスタートしたけど全然手が届かず。
コンプレックス内の現場仕事をしている男衆たちが呼ばれて5人やってきて
20分くらい悪戦苦闘したのちすべての賞品をゲットしました。

「お金くれるって言われたから、やったのに」と彼らから文句が出て、実行委員から
10万ルピア、太っ腹な町内の親仁が5万ルピア足して15万ルピアを上げていました。
体は泥と油まみれ。こすれて体中赤く擦り傷状態。5人で15万ルピアでも
ちょっと可哀そうと思いました。
f0058036_0363955.jpg

[PR]
by pilihpilih | 2007-08-18 23:33

ジョグジャに行ってました。③

2日目はジョグジャ市内マリオボロ通りを中心にバティック探し。パサール・ブリンハルジョを
見てから、マリオボロ通りのバティック・ショップを見る。

f0058036_0154685.jpg

お昼は前回も行ったソト・カディピロ(チキンスープの老舗ワルン)へ。
お店の中はレトロな雰囲気でいかにも老舗そう。

f0058036_0161638.jpg

このサインには、「タバコは心行くまで(味わって)お吸い下さい。」と書いてあります。
ピンボケですみません。

なんと寛容なあ。そうです。インドネシアには嫌煙ムードは皆無です。
男たちはどこでも堂々と煙をくゆらせてます!!!
インドネシアの女性でタバコを吸う人は本当に少ないですが、、、。
(ジャカルタなどの都会は多いかも。)私も子供が出来るまでは、ずうっとタバコを吸っていました。妊娠と子育てしているうちにすっぱりと禁煙することが出来現在に至っていますが、、、。

インドネシアで吸うタバコは美味しいです。まず、喫煙者に寛容な雰囲気。
それから丁子入りタバコは高温多湿なところで頂かないと香りが立たないのです。
日本に冬場帰って試した時のまずかったこと。甘めのバリコピにパチパチ音するタバコ。
まったりするのに絶好の組み合わせでした。
まったりボーっとしすぎてスカートやシャツに火のついた丁子が飛び落ちて何回も小さな
穴をあけたことがあります。
[PR]
by pilihpilih | 2007-08-13 00:22

結婚記念日

f0058036_20261528.jpg
今日8月10日は5回目の結婚記念日。

以前チレボンでおウチに泊めて頂いたバティック工房の女主人が 今日昼間
ウチにバティックの行商にみえました。段ボール2箱ほどのバティックを持ってきたけど、あまり心惹かれる布がなく一枚だけ購入。コットン地のいかにもチレボンらしい繊細な柄。

午後、隣町に住む元お手伝いさんマデに男の子が生まれたのでお祝いに行く。
マデにとっては3人目の子供。彼女は3年間ウチで働いてくれて6月末に
お腹もそうとう大きくなって辞めたばかり。
カワイイ洋服をお祝いにあげようかと考えていたけれど、うちのダンナが
お米と卵、料理油などの食料品を持って行けと言うのでそうしました。
今回はそうしてよかった!「家に米一粒もなく困っていた。ほんとうにありがとうイブ!」なんて言われてしまった。お家も初めて中に入りましたが、
壁がないんです。バンブーを編んだようなものが壁代わり。家の中にキレが
架けてあるけど、風が強いので外に居るみたいに部屋の中に風が吹いていた。
蚊とかもバンバン入ってしまうだろうなあ。
でも、まだ満一ヶ月になったばかりの赤ちゃんは本当に可愛かった。
私たちがいる間中ずうっとマデのおっぱいをのんでいた。
みてる方も心休まる光景でした。

ダンナ曰く「結婚記念日とかに 誰かに善行出来るのは本当に素晴らしいこと」
Syukuran(シュクランsyukurは感謝する意)と言って、インドネシアの人は
良いことがあったとき、たとえば子供が学校卒業、就職、家族の昇進・快気祝いなどの時に
人を招いてお食事会をしたり、老人ホームや孤児院などに寄付したりします。

誕生日も本人が職場の同僚などにケーキやお弁当を振る舞います。
バリに来たばかりの頃、誕生日の本人が皆に振舞うって??と変に思い反論した若い私でしたが、今はだいぶ身に付いたかな。(この時、当時の職場の
マネージャーさん達が私にケーキを買ってお祝いしてくれたことを
思い出しました。誕生日前に反論した私を笑って聞き流し、サプライズのケーキとおめでとう。みんな大人、優しい。)






f0058036_20313358.jpg

[PR]
by pilihpilih | 2007-08-10 20:29 | バリ

ジョグジャカルタ行ってました。②

f0058036_17121626.jpg

f0058036_17134159.jpg
バリ~ジョグジャカルタが朝一番の飛行機だったのでジョグジャ着が8時。
まだジョグジャ市内のお店も開いていないので今回は
ジョグジャ空港からそのままソロへ向かった。2時間弱でソロの王宮近くの
パサール・クレウェルに着く。ここの一階はバティック屋さんがたくさん
入っている。ソロ独特のコットン地バティック。濃茶と黄色(ソガの色ですね)
の落ち着いたクラシックな文様が落ち着いていて素敵。

以前このパサールでスリにあいかけた事がある。夕方ホテルに戻って気づいたら
バッグの脇が20センチくらいナイフで切られていたのだ。内布が頑丈だったので
中身は無事だったが、「そういえば人ごみで後ろからぐいぐい押された時かも」と
思い出し、ヒヤリとした。そのときは日曜で混んでいたし、私も出張中だったため
小ぎれいな格好をしていたから目立ったのかもしれない。
今回はイブ・ダユを真似てバッグを胸辺りで前に抱え持っていたし、地味目な格好
で臨んだから何事もありませんでした。(というか年を経て、貫禄がついた。?!)
買い付けの時はそれなりにまとまったお金を携帯するので緊張します。

クラシックな模様のコットン・バティックとシフォンの小ぶりスカーフを購入。
バリからハギレを持参しお気に入り模様でバティックを注文してみた。どんな
風に仕上がるかとても楽しみ。

イブ・ダユはバリ人が礼装で着るシルクのサロン&スレンダンセット
(豪華絢爛・お高そう)を次次店員にひろげさせ、直感で選んで20セット位買っていた。
お店とも20年近くのお付き合いだそうで、デポジットだけ払い残りはバリから銀行
送金するそう。私もそのうち ソロ・ジョグジャでツケの利く人になりたいものだ。

クレウェル市場を3時頃出て カウナンのバティック屋をみてから
大きなプリント・バティック工場に行ってみた。デンパサールでよくみる
柄のバティックがズラーリ並んでいる。想像より大きな工場だった。
インドネシア各地あてのバティックが段ボールに入って出荷を待っている。
数十箱の段ボールは中近東宛のバティックとのこと。
ソロで作られたバティックがドバイあたりの民家でオヤジさんのサロンとして
使われているのかしら?
[PR]
by pilihpilih | 2007-08-07 17:14 | Pilih-Pilih

ジョグジャへ行ってました。

長いこと更新を出来なくて、すみませんでした!
6月末から2週間娘を連れて日本へ里帰り。バリに戻って娘の幼稚園スタート。(こちらの新学期は7月から)幼稚園が7時半始業のため、家族全員6時起床という早起きヘルシーな毎日がはじまりました。長いこと夜型人間だった私にとっては大きな変化です。この頃は朝8時ころはすでに絶好調です。(笑)

先週はバティックの買い付けとオーダーの為ジョグジャに行っていました。
今回は、イブ・ダユというバリ人ミセスと2人で行きましたのでかなり
ディープなローカルな旅となりました。
イブ・ダユはウブドで「グヌンムルタ」というバンガローとバティック屋さんを営む人で私よりちょうど一回り年上。私がバリに来た当初からとてもお世話になっていて、彼女のバティック鑑識眼は確かで色々教わることが多い尊敬しているお姉さん的存在。

10年ほど前に一緒にジョグジャの買い付けに連れて行ってもらって以来
久しぶりのジョグジャ行きでした。
飛行機チケットとジョグジャでの運転手の手配は私がして、
宿はイブ・ダユ行きつけの「Ratna」というジョグジャカルタ駅近くのホテル。
(限りなくロスメンに近い。)2人で一泊75000ルピアでした。安い。一人で行く時はホテルに泊まる私はやっぱりボーとしていたようで
バスタオル・石鹸を持っていくのも忘れていた。チェックインしたらもう
夜だったし、疲れていたのでその日着ていたカットソー素材のチュニックをバスタオル代わりに使いました。昔はバックパッカーみたいな旅行していたのに
すっかりヤワになってしまった。

朝起きると、ジャワ・ティーが部屋の外のテーブルに置かれていた。7時頃
表通りで朝ごはん探し。オバサンがGudeg(ジャックフルーツをココナツミルクとブラウンシュガーで煮たあまい惣菜)を売っていた。ご飯が湯気がたってて美味しそう。即買い。ホテルに持ち帰り食べたら美味しかった。お値段一人前5000ルピアでした。安。

f0058036_2012478.jpg
f0058036_20141170.jpg


ドアの向こうがお部屋です。なかなかクラシックでしょ。
[PR]
by pilihpilih | 2007-08-06 20:16