<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

バイクに使われるな。

うちの通いのお手伝いketut
おととい水曜日は、田舎のこどもがバイク事故で怪我をしたのでお休みでした。
今日は仕事に来て話を聞いた。

息子は11歳。小4からバイクで通学している。(?!!)
事故の時は下校時に友達とラリーっぽく飛ばしていて石につまづいて大きく飛ばされ、
その場で気絶。顔を縫ったし、目元、側頭部は腫れているそうです。

私「ええ、小4から バイク使わせてるの?」
ketut「他の子もみんな乗せてるから。」
私「気をつけるように言わなきゃ」
ketut「言ってます。後の二人が無事でよかった。」 (あれま三人乗り!なのね。)

両親ともにデンパサールに働きに出て、子どもは田舎(カランガッサム)の実家に預け、
通学用にバイクを買い与えるって 間違っていると私は思う。

もう無理かもしれないけど、、、何キロも歩いて登校していた頃を思い出そうよ。
よっぽど健康的だよ。事故の心配もない。
バイクを与えて、子どもに気をつけろって 言っても
無茶するにきまってる年頃なんだから、、、。親が考えてあげなくてどうすんの。


親子ともども バイクを乗り回し、(免許更新のお金にも困ってるのに)
そのローンを払うために また働いているようにみえる。
バイクのにこき使われてるみたい。

ほんとうに 100メートル先に行くのにもバイクですから。

「事故の場所が大通りでなかったから、助けてくれる人が居て良かった。」
って言うから それどういう事?
って聞いたら
「大通りだと 事故の人に関わると証人にさせられ大変だから 誰も助けてくれない。」
んだって。

理由は 色々。
①警察と関わると面倒ということ。
②お清めをしなくてはならない。(車に血がついた場合など)
③病院に連れていった場合、助けた人が保証金を払わないと 病院は何もしてくれない。


バリ・ウブド Pilih-Pilih のブログです。
にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pilihpilih | 2015-03-06 18:25 | バリ